HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

スイスの民族音楽鑑賞会

2/10(月) 10:00〜

新城市立新城小学校で5日水曜日、スイスの民族音楽鑑賞会が行われました。

 これは、スイスと日本の国交樹立150年記念イベントの一環として行われたものです。
 当日は、スイスの民族音楽グループ「クヴァンテンシュプルング」と日本を代表するヨーデル歌手の伊藤啓子(けいこ)さんがステージに立ち、本場の音色を届けました。
 鑑賞会は、新城市立鳳来東小学校の児童たちによるスイスの民族楽器「アルプホルン」を用いたファンファーレで幕は開きました。
 そして「クヴァンテンシュプルング」の登場。アコーディオン、クラリネット、コントラバス、キーボード、パーカッション、ヴァイオリンを用いて見事なアンサンブルを披露しました。
途中、伊藤さんが伴奏に合わせて歌声を響かせる場面もあり、会場は、スイスの伝統的な音楽で包まれました。
 鑑賞会は、「クヴァンテンシュプルング」のメンバーが、観客に手拍子を求めて一緒にリズムを作る場面も見られるなど終始和やかな雰囲気で進みました。

一覧に戻る