HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

赤ちゃん先生プロジェクト

3/24(月) 10:00〜

豊橋市駅前大通3丁目になる第一学院高等学校豊橋キャンパスで18日、東三河では初となる「赤ちゃん先生プロジェクト」が開催されました。

赤ちゃん先生プロジェクトとは、赤ちゃんのちからを生かし、人と人をつないだり、笑顔にしたりすること、また一方で赤ちゃんを育てる母親たちの育児鬱解消などにも効果があると現在注目されているプロジェクトです。今回の講師は、豊橋市や豊川市で育児に励むお母さんと赤ちゃん先生4組です。参加したのは高校生7人と中学3年生3人の合わせて10人で、4班に分かれて育児体験をしました。体験内容は、ミルクをあげたり、おむつを替えたり、抱っこをしたりと様々です。途中で赤ちゃんが泣き出してしまう場面も見られましたが、生徒はお菓子をあげたりお茶をあげたりと、工夫をしてあやしていました。はじめは、緊張した様子の生徒たちも途中からは笑顔で赤ちゃんに接していました。
今回の教室で参加者は、育児中のお母さんの話を聞いて育児の大変さを実感し、親への感謝の気持ちを再確認できるよい機会となったようです。

取材場所 第一学院高等学校豊橋キャンパス

一覧に戻る