HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

放課後スクールの小中学生が花園商店街を取材体験

4/7(月) 10:00〜

小中学生を対象とした放課後スクールを開設したNPO「てら」は31日、子供たちの社会体験授業として花園商店街の取材体験活動を実施しました。

NPO「てら」は、児童・生徒たちの自立心やコミュニケーション力を育むため、今年3月「新しい学童」のカタチ、学び育てる放課後スクールを開設しました。今回は開設後、第1弾の企画「花園商店街のお店の取材体験活動」を実施しました。この日は、花園商店街の交流スペース「ハナコヤ」に、放課後スクールの小中学生9人が集まり、2班に分かれて、取材先での役割分担を決めました。次に、どんな質問をしたらよいか?をみんなで話し合ってインタビュー用紙に書き記していきました。準備が整うと、最初の訪問先の子供服「ノザワヤ」へ向かいました。みんな、とても緊張した様子で、なかなか思うように質問を投げかけることが出来ませんでしたが、メンバー同士が協力し合って質問を投げかけていきました。取材体験とは言うものの、人に話しかたり、会話をする難しさを肌で感じながら、前もって考えていたことを一生懸命伝えていました。この日は、他にも呉服店や、花園商店街のマップを制作した愛知大学の学生と、シャッターペイントのコータローさんにも取材しました。このNPO「てら」の放課後スクールでは、子供達の生きていく力を育てるために、今後も様々な体験活動を行っていくとのことです。

取材場所 花園商店街/豊橋市

一覧に戻る