HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

田原JC主催 さくら並木点灯式

3/31(月) 10:00〜

豊橋鉄道渥美線の終点「三河田原駅」南側の広場で29日、清谷川沿いの桜並木をライトアップする点灯式が開かれました。

 この催しは、田原青年会議所が4月例会の取組みとして、地域の人たちに桜の素晴らしさを改めて知ってもらおうと企画しました。点灯式に先駆けて、青年会議所のメンバーは、桜並木がある清谷川沿いを清掃し、およそ50メートルに渡って、小学生が書いた桜色の紙を飾り付けていきました。この桜の花びらをかたどった紙には、田原市内20の小学校から、3000人以上の子どもたちが書いた「このまちのすきなところ」が書いてあります。
 午後6時。三河田原駅南側の広場で、青年会議所メンバーたちは一般市民とともにライトアップのカウントダウンを開始。「点灯!」の合図に合わせて、清谷川沿いの桜が見事にライトアップされました。
 この日は午後から天候が心配されましたが、雨に降られることもなく、早速多くの家族連れがライトアップされた桜を見に訪れていました。訪れた人たちは、日中とは一味違った表情を見せる桜の木の下で記念写真を撮ったり、子どもたちが自分の書いた桜の紙を見つけて、家族と笑い合う姿などが見られました。

一覧に戻る