HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

子ども110番の家 お巡りさんと帰る会

4/14(月) 10:00〜

田原市立衣笠小学校で4月8日火曜日に

この活動は、田原警察署が毎年新1年生の初下校に合わせて行い、お巡りさんが犯罪から身を守る方法を児童たちに教えているものです。
 下校の前には、お巡りさんが運動場で児童へ防犯講話を行い、こども110番の家の説明と、誘拐防止の標語
「つみきおに」を紹介しました。防犯の合言葉「つみきおに」とは「ついていかない・みんなと行動・きちんと報告・
大きな声で助けを求める・逃げる」の頭文字を合わせた言葉です。
 講話の後、お巡りさんと子どもたちは一緒に下校し、学校近くの110番の家に向かいました。
 横断歩道に差し掛かると、子供たちは、左右を確認し、手を挙げて横断する場面も見られました。
 到着した110番の家の前では、お巡りさんが、児童たちに、どのように助けを求めたら良いかなどを説明していました。
 お巡りさんの講話を聞いた児童たちは、さまざまな危険から身を守ることに対して関心を抱いたようでした。

一覧に戻る