HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

よみがえれはまゆう

4/21(月) 10:00〜

田原市の恋路ヶ浜の海岸で、今年も「はまゆう」の植栽活動が行われました。

田原市の恋路ヶ浜の海岸で、今年も「はまゆう」の植栽活動が行われました。
この植栽活動は、渥美青年経済研究会のメンバーたちが、「よみがえれはまゆう」をスローガンに、はまゆうの群生地復活を目指して活動しているもので、今年で27年目となりました。
開会の挨拶の後、まずこれまでに植栽した場所で、草刈り鎌や芝刈り機を使って清掃活動を行いました。
その後、伊良湖小学校の4年生から6年生まで26人の児童が、恋路ヶ浜駐車場に到着。さっそく、海岸に降りると、メンバーたちと一緒にはまゆうの苗を植えました。子どもたちは、スコップで10cmくらいの穴を掘り、はまゆうが立派に成長するようにと思いをこめながら、愛おしそうに植えていきました。
約300本のはまゆうの苗を植えたあと、記念撮影が行われ、閉会式では、児童代表がお礼の言葉を述べました。はまゆうは、花が咲くまでに5年という歳月がかかりますが、今年も7月から9月にかけて恋路ヶ浜の海岸に白い花が咲き乱れる風景が見られそうです。

一覧に戻る