HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

南稜地区市民館等複合施設建設工事現場 白い仮囲いに絵を描く会

4/18(金) 10:00〜

4月16日(水)、豊橋市大清水町で建設工事が進む南稜地区市民館等複合施設で「白い仮囲いに絵を描く会」が開かれました

 南稜地区市民館等複合施設は、現在、来年4月の開館に向けて建設工事が行われています。
 その工事現場を囲む仮囲いに地域の景観などへも配慮して、3回に亘ってこじか保育園の園児たちが、水の生き物をテーマに絵を描いています。
 3回目のこの日は、年長組の園児が参加しました。クレヨンで下書きをした後、その線に沿ってペンキで色を塗っていくと、魚やタコ、カニなどが完成していきました。
 子ども達は、手や顔を汚しながらも、笑顔で思い思いの絵を描き、およそ2時間かけて白かった囲いを楽しい水族館へ変身させました。

取材場所 南稜地区市民館等複合施設建設工事現場

一覧に戻る