HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

音楽と朗読 〜やわらかな午後に〜

5/1(木) 10:00〜

新城市青年の家で4月29日、「やわらかな午後に」というタイトルで「音楽と朗読の会」が開かれました

 この「音楽と朗読」は、新城市の音楽と朗読の会が、大人が本当に楽しめるイベントがしたいという思いから、今回初めて開催した音楽と朗読の融合ステージです。
 この日、朗読を担当したのは、新城市の作手在住で朗読グループの指導などを行っている清水睦子(むつこ)さん、演奏は、豊橋交響楽団でクラリネット奏者をする傍ら、「ほうらい吹奏楽団」の指導などを行っている村田真弓さんが務めました。
 第1部では、短い詩が朗読され、清水さんの優しく滑らかな声に、村田さんのクラリネットがジブリなど聴き馴染みのある曲をBGMとして添えることで、およそ70人の来場者たちを引き込んでいました。
 また、暗転した会場内には本格的な音響や照明設備が用意され、暗闇の中に朗読者が浮かび上がる幻想的な雰囲気が、朗読を盛り上げていました。
 また、第2部では、サン=テグジュペリ作の「星の王子さま」が朗読され、村田さんの演奏が効果音の役割も担って、見事な朗読劇が披露されました。
 最後は、主催者から第2回目開催の意欲が話され、それを期待する来場者たちから大きな拍手が送れました。

取材場所 新城市青年の家

一覧に戻る