HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

新城総合公園春まつり

5/7(水) 10:00〜

新城総合公園で、ゴールデンウィークの3日から6日の4日間にわたって春まつりが開催されました。

新城総合公園では、毎年ゴールデンウィークの期間中に春まつりを開催しており、今年は、5月3日から6日までの4日間開催され、およそ1万人の来場者で賑わいました。ゴールデンウィークの最終日となった6日は、天候にも恵まれ、朝から大勢の親子連れが訪れました。園内入り口広場にある「わんぱく管理棟」では、間伐材を使ったペンダント作りが行われました。このペンダントの材質は、公園内に植えられているリョウブという木で、間伐したものを使っています。下絵を考えたら、木の表面にマジックで色付けするだけ「誰にでも簡単に出来るペンダント」ということもあって、多くの親子が参加していました。また公園内では、遊具や滑り台を使って楽しそうに遊ぶ子供達や、緑色に輝いた芝生の上で、美味しそうに、お弁当を頬張る家族連れの姿が目立ちました。また、入り口広場では、猪肉の串焼き、五平餅やジェラートなど、この地域ならではの軽食を楽しめるコーナーもあって、来場者の目を引き付けていました。豊かな自然と森林に囲まれた新城総合公園の、ゴールデンウィーク最終日。訪れた人たちにとって、季節を感じながら、安心してゆったりと過ごすことが出来る休日となったようです。

取材場所 新城総合公園

一覧に戻る