HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

伊勢湾海上交通センター一般公開

5/12(月) 10:00〜

田原市伊良湖町にある伊勢湾海上交通センターで、10日、一般公開が行われました。

田原市伊良湖町にある伊勢湾海上交通センターで、10日、一般公開が行われました。
伊勢湾海上交通センターは、第四管区海上保安本部に所属し、毎日、伊良湖水道航路及び付近海域の船舶の安全や効率的な運航を確保するための航行管制業務を行っています。この日は、午前10時から一般公開が始まり、家族連れや旅行客などが訪れました。
2階では、海上保安庁の業務を知ってもらうためにビデオが上映され、その隣で子どもたちが塗り絵に夢中になっていました。また、地元の伊良湖小学校や若戸小学校の子どもたちが描いた海の絵や習字などが展示されていました。
3階の管制室では、職員がレーダーで写しだされる船舶の大きさや速度、さらに長さ3900m、幅1300mの伊良湖水道航路を通過する時刻などのデータを丁寧に説明すると、来場者たちは驚きの表情と共に興味深そうに聞き入っていました。
この後、屋上に上がって、伊良湖水道を通過する船舶や三河湾の島々など広大な景色をじっくりと眺めていました。そして、この一般公開日のために特別に、中部国際空港から伊良湖上空まで飛んできた海上保安庁のヘリコプターに対して、大きく手を振ってこたえていました。
他にも、子どもたちが海上保安庁の制服を試着して、記念写真を撮っているシーンも見られました。来場者たちは、海上交通センターの管制官たちの仕事ぶりを見て、あらためて海の安全を守っている人たちへの感謝の気持ちを抱いたようでした。

取材場所 伊勢湾海上交通センター(田原市伊良湖超町)

一覧に戻る