HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

豊橋善意銀行創立50周年記念 善意フェスティバル2014

5/28(水) 10:00〜

豊橋総合動植物公園のんほいパークを会場に25日、今年で50周年を迎えた豊橋善意銀行による恒例行事「善意フェスティバル」が開催されました。

 このイベントは、豊橋善意銀行が毎年5月に行っているもので、今回で32回目の開催となりました。
 参加したのは心身障がい者や福祉施設の入居者、そして数多くのボランティアと一般市民で、3000人以上が休日のひとときを共に過ごしました。 ボランティア参加者は、東三河を中心とした各種団体や地元企業、また豊橋市内の高等学校の生徒などで、ゲームコーナーの運営のほか、心身障がい者たちとグループを作って、一緒に様々な催しや園内の施設を楽しみました。
 メイン会場となったいこいの広場には、ゲームや体験もの、お餅やかき氷のふるまいなど、誰でも楽しめるよう工夫をこらした各種コーナーが60以上設けられました。初対面の人たちで構成されたグループでも、数々のゲームを一緒に楽しむことで、弾けるような笑顔があちこちで見られました。
 また、この「善意フェスティバル」は、参加者同士がふれあうことで、理解と友愛を広げ、より良い社会づくりや、ボランティア活動への関心が高まることを願って行われています。そのため、普段心身障害者などと触れ合う機会の少ないボランティア参加者に向けては、障がいのある方とのコミュニケーションの取り方や、車いすの扱い方などの説明も行われていました。

一覧に戻る