HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

二川南校区・二川南小学校合同防災訓練

6/16(月) 10:00〜

二川南校区の住民と二川南小学校の児童が参加して7日(土)防災訓練が行われました。

この防災訓練は、南海トラフ地震等が発生した際の二川南校区の自主防災への取り組みの一環として、今年はじめて小学校との合同で実施しました。
この日は、二川南小学校の児童や父兄、自治会や地域住民ら合わせておよそ1200人が参加しました。体育館で開会式を行ったあと、各地域やクラスに分かれて訓練を開始しました。
訓練の内容は、応急手当やバケツリレー、水消火器、起震車体験などがあり、一つずつ体験していきました。
バケツリレーは、バケツに水を汲み、人の力で火元まで運ぶもので、児童と地域住民が列を作り、次々と来るバケツを協力しながら運んでいました。消防服の試着では、子どもも大人も、その重さに驚いている様子でした。また、体育館のスペースが避難所となる想定で6年生児童が間仕切りを制作しました。児童は仲間と協力しながら組み上げていき、最後は見事な間仕切りが完成しました。
今回の防災訓練で、参加者は地震や災害発生時における地域防災に対する意識を高めることができたようです。

取材場所 二川南小学校

一覧に戻る