HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

みかわ牛 枝肉共励会

7/7(月) 10:00〜

豊橋市明海町にある東三河食肉市場で3日、みかわ牛の共励会が開かれました。

このみかわ牛共励会は、JAあいち経済連の主催で2カ月に1回豊橋市と名古屋市の市場で交互に開催されているもので、みかわ牛の格付けやセリなどが行われました。
 参加したみかわ牛の生産農家は、互いに育てた牛を見て、自分の牛の仕上がりを確認し、更なる技術の向上を目指しています。
 みかわ牛には、「認定農場にて、愛知県内で1年以上飼育され出荷された和牛」などさまざまな基準が設けられています。その中でも最高級の品質の牛に対しては「みかわ牛ゴールド」と認定され、その味は、風味が良く、とてもジューシーとのことです。
 県内外から精肉卸業者およそ20人の厳しい目が注がれる中、日本では2人だけと言う女性セリ頭の小気味良い声が響き渡る場内で、次々とみかわ牛が競り落とされていきました。その結果、今回最優秀賞を受賞したのは557キロのみかわ牛で、キロ単価2,605円の最高値で競り落とされていました。

一覧に戻る