HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

納涼ビール電車の運行始まる

6/16(月) 10:00〜

市電の愛称で親しまれている豊橋鉄道市内線の「納涼ビール電車」の運行が、13日(金)から始まりました。

 今年で運行開始から22年目を迎え、豊橋市の夏の風物詩のひとつとなっている「納涼ビール電車」の運行が始まりました。
 11日には、豊橋鉄道株式会社の伊藤社長やとよはし市電を愛する会のメンバーら、関係者を乗せた試乗会が行われ、「乾杯!」の掛け声とともに、車内で賑やかな宴会が開かれました。
 この「納涼ビール電車」は、市内線駅前停留場から運動公園前停留場までの9、4qを、およそ1時間20分かけて往復し、その間、車内では、冷たいビールを飲みながら、カラオケや車窓からの景色を楽しむことができます。
 また、車内は、夏らしい装飾に加え、ブラジルで開幕したサッカーの祭典ワールドカップに出場している日本代表を応援する内装になっています。
 昨年は、193便を運行したものの、予約がすぐにいっぱいになってしまったため、今年は222便を予定しているそうです。予約の状況などは、豊橋鉄道のホームページで確認ができます。

一覧に戻る