HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

白杖の使い方講習会

6/18(水) 10:00〜

豊橋市総合福祉センターあいトピアで8日、「白杖の使い方講習会」が開かれました。

 この「白杖の使い方講習会」は、視覚障害を持った方に外出するきっかけと勇気を持ってもらおうと、視覚障害者の自立支援を行っているボランティアの会「ビギン」が主催しました。
 講習会では、午前中に座学を行い、午後から3班に分かれて、実際に外に出て白杖を使った歩行を体験しました。
 白杖とは、視覚障害者の方が、歩く際に地面を探るための杖で、参加者たちは、道路上の点字ブロックを頼りにまっすぐ歩いたり、交差点で曲がる練習をしました。
 交通量の多い市電通では、市電であいトピアへ行くことを想定し、前畑電停からあいトピアまで歩きました。ここでは、自動車の音や歩行者用信号機の音など、聴覚も頼りに歩く必要があり、参加者たちは、慎重な足運びで訓練に取り組んでいました。
 およそ1時間の実地訓練を終えた後は、お互いに感想を言い合ったり、講師に質問を投げかけたりと、お互いの交流も深めるいいきかっけとなったようでした。

一覧に戻る