HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

女性対象防犯教室

8/8(金) 10:00〜

田原文化会館多目的ホールで6日(水)女性を対象とした防犯教室が開かれました。

この女性対象防犯教室は、8月1日から10日までの夏の安全なまちづくり県民運動の一環として開催されたもので、女性や子どもが被害にあわないようにするために、田原市では今年はじめて実施された教室です。この日は、田原防犯協会連合会の会員や安全なまちづくり推進指導員などおよそ70名が参加しました。
はじめに、愛知県警察本部子ども女性安全対策課の田中理恵さんが犯罪発生状況や防犯対策について説明しました。話の中では「警察に届け出のある女性や子どもが対象となった犯罪件数は愛知県でおよそ500件前後だが、実際にはその何倍も被害があること」や「被害者は10代、20代の若年層だけでなく、50代、60代の方も被害を受けていること」などが紹介されました。また、盗撮に使われているカメラを実際に手に取って観察しました。参加者はレンズの小ささなどに驚いた様子でした。
そのあと、参加者は、護身術を学びました。手を掴まれた時の逃げ方や抱きつかれた時の対処法など、5つの護身術を学び、実際に2人1組になって体験しました。参加者は、ひとつひとつの動作を確認しながら真剣に学んでいました。

取材場所 田原文化会館多目的ホール

一覧に戻る