HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

海老小学校児童 アユのつかみ獲り体験

9/1(月) 10:00〜

新城市立海老小学校の全校児童が、28日、学校近くの海老川上流の谷川で「アユのつかみ獲り体験」をしました。
 この「アユのつかみ獲り」は、海老小学校の横を流れるきれいな谷川に触れてもらおうと、8年ほど前から、地元の寒狭川下
漁業協同組合の協力のもとでで行われている行事です。
この日の午前9時、夏休みにも関わらず、海老小学校の児童11人全員が宮前橋のたもとに集まりました。さっそく、川に降りた子どもたちは、周囲を網で囲まれた中で、アユを探し始めました。始めのうちは、恐る恐るアユをつかもうとしていましたが、漁業協同組合のおじさんにコツを教えてもらうと、次々とアユが獲れ始め、歓声が上がっていました。中には、頭を川の中に突っ込み、水中メガネでアユを追って、10匹以上つかまえた子もいました。
 子どもたちは、今年の5月にこの谷川で、アユの稚魚を放流しており、バケツの中で泳いでいるアユをもう一度つかみ上げて、大きく成長したアユを確認したりしていました。
 このあと、自分たちがつかんだ鮎をお母さんたちに炭火で焼いてもらって、塩焼きを食べました。子どもたちは、おいしいおいしいと言いながら、何本もお代わりしていました。

取材場所 新城市海老地区 谷川

一覧に戻る