HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第1回豊橋ふれあい親子ペア将棋大会

8/27(水) 10:00〜

豊橋市草間町のアイプラザ豊橋の多目的室で23日、「豊橋ふれあい親子ペア将棋大会」が開催されました。

 ペア将棋とは、二人一組で交互に指しながら行う将棋で、今回は、全国的にも珍しい親子や祖父と孫の組み合わせで大会が開かれ、14組が参加しました。
 この大会は、市内で子ども達に将棋の指導などを行っている豊橋ふれあい子ども将棋教室が主催していることもあって、子どもでも楽しめる和やかな雰囲気で進められました。
対局中は、対戦相手との会話を楽しんだり、お父さんやおじいちゃんに次の手を聞いたりするなど、同じ趣味を持った人たちの交流の場にもなっていました。
 また、対局が終わった子ども達には、詰将棋の問題が出題され、初めて出会った子たちが相談しながら問題を解いていました。
 また、別室では、日本将棋連盟七段の杉本昌隆棋士の指導対局が行われ、大会会場とは違った緊張感の中、真剣な顔で将棋を指す参加者の姿が見られました。
 指導対局では、指し方を教わるだけでなく、中には、杉本プロを唸らせる一手を指したり、中押しで勝ったりした小学生もいました。
 この日は、朝から夕方まで対局が続けられ、家族や参加者同士で将棋の技術向上や互いのコミュニケーションを図るよい機会となったようでした。

取材場所 アイプラザ豊橋

一覧に戻る