HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

ヨーロッパへの想い〜朝倉勝治展

10/6(月) 10:00〜

豊橋駅前大通りにある名豊ビル6階の、中部ガス名豊ギャラリーで現在、「ヨーロッパへの想い〜朝倉勝治展」が開かれています。

朝倉勝治さんは、豊橋市の生まれで、美術教師として時習館高校で教鞭を執るかたわら、日展洋画部、示現会展、さらに日本水彩画展を舞台に活躍し、一貫して風景画を制作してきた洋画家です。個展の初日は、朝倉勝治さんご夫妻を招いて、オープニングセレモニーが開かれました。主催者代表には、サーラグループ名誉顧問の神野信郎さんが、来賓代表には豊橋市美術博物館館長の金原宏行さんが、それぞれ挨拶に立ちました。そして、朝倉勝治さんご夫妻を囲んでテープカットが行われました。今回は、「ヨーロッパへの想い」。油彩・水彩など37点が展示されています。モチーフは、観光客が集まる名所・旧跡ばかりではなく旅行者が目を向けることのない裏町に踏み込んでおり、そこで生活する人々の匂いが染みついた路地裏まで、リアルに表現されています。バリエーション豊かな構図と色彩。風景画のすべての要素が、朝倉さんの描く作品群に集約されています。この「ヨーロッパへの想い〜朝倉勝治展」は、名豊ビル6階 中部ガス名豊ギャラリーで、10月26日(日)まで開催されています。なお、入場料は無料です。

一覧に戻る