HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

田原福祉専門学校 たっぷく祭

10/21(火) 10:00〜

田原市立田原福祉専門学校の学園祭「たっぷく祭」が、18日と19日の両日開かれました。

田原市立田原福祉専門学校の学園祭「たっぷく祭」が、18日と19日の両日開かれました。
 多くの介護福祉士を輩出している田原福祉専門学校では、毎年この時期に「たっぷく祭」を実施して、地域の人たちと交流を図っています。今年は「Smile〜一人ひとりの笑顔」をテーマに、大学イモやだんごなどの模擬店を始め、的当てやボーリングなど手作りのゲームで訪れた人たちを楽しませていました。
田原福祉専門学校では、週に1度、福祉文化活動をカリキュラムに取り入れており、陶芸や手籐芸などの作品が展示されていました。茶道を学んでいる生徒たちは、抹茶席を設けて、先生から教えてもらった作法を実践していました。そして、お抹茶とお菓子をいただいたお年寄りにやさしい笑顔で接していました。
 一方、介護実習室では、手浴(しゅよく)体験を行いました。手浴というのは、手をお湯に浸して血行を良くするもので、辺り一面にミルク・レモンなどの甘い香りが漂っていました。生徒にじっくりと揉んでもらった人たちは、とても気持ち良さそうな表情を浮かべていました。
 他にも、献血コーナーが設けられ、生徒たちは、積極的に献血に参加していました。初日の18日は、介護実習でお世話になっている施設からお年寄りや障がいを持っている方たちが大勢訪れ、これから介護社会を担ってくれる若い人たちとの交流を楽しんでいました。

取材場所 田原福祉専門学校(田原市田原町)

一覧に戻る