HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第21回 丸山薫賞贈呈式

10/22(水) 10:00〜

ホテルアソシア豊橋で、21日、「第21回丸山薫賞贈呈式」が執り行われました。

ホテルアソシア豊橋で、21日、「第21回丸山薫賞贈呈式」が執り行われました。
「丸山薫賞」は、豊橋市ゆかりの丸山薫の業績を永く称えるとともに、全国から公募した詩集の中から優れた現代詩集に対して贈呈しているものです。今年は、詩集「千鶴さんの脚」を書いた高階杞一(たかしなきいち)さんが選ばれました。
 贈呈式では、豊橋女性コーラスの皆さんが、丸山薫が作詞した豊橋市立牟呂中学校の校歌を歌ってオープニングに花を添えました。
そして、選考委員を代表して、高橋順子さんが、選考経過を報告し、写真とのコラボレーションよって、詩に緊張感を感じたと讃えました。
この後、受賞した高階(たかしな)さんに、賞状と楯が送られました。来賓祝辞の後、高階(たかしな)さんが、御礼の挨拶を述べ、詩集「千鶴さんの脚」の中から、「夜のミュンヘン」という詩を朗読しました。
また、丸山薫賞にちなんで、豊橋市立中央図書館2階展示コーナーでは、現在、「丸山薫没後40年記念展」が開かれています。丸山薫の足跡を紹介するとともに、図書館所蔵の詩集や愛用品などを展示しています。この「丸山薫没後40年記念展」は、11月3日月曜日まで開かれています。

取材場所 ホテルアソシア豊橋(豊橋市花田町)

一覧に戻る