HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

しんしろお助け隊 歳末餅つき・配布サービス

12/29(月) 10:00〜

新城市にある鳥原児童館で22日月曜日、しんしろお助け隊が、地域のみなさんにお餅をふるまいました。

 これは、新城市で主に地域の清掃や高齢者の手助けなどをボランティアで行っている「しんしろお助け隊」のメンバーが、社会福祉協議会や、同じくボランティア団体のつくしんぼうの会、また市役所職員などと一緒に毎年行っているものです。
 この日会員たちは、180キロのもち米を次々とついていき、つきあがった餅はふるまい用に調理した他、後日独居老人や障がい者などのいる130世帯に配布するため、鏡餅や のしもちにしました。
 また、東部こども園の園児も参加して、お助け隊のメンバーに手助けしてもらいながら、餅つきにチャレンジしました。
 お餅の他にも、大鍋で具だくさんの豚汁も用意され、あんころ餅やきなこ餅、大根おろし餅に調理された
つきたてのお餅と共に、地域の皆さんにふるまわれました。

一覧に戻る