HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

平成27年 東三河5市長・1郡町村会長を囲む新春懇談会

1/13(火) 10:00〜

ホテルアークリッシュ豊橋を会場に9日(金)、東三河の6名の首長を迎えた新春懇談会が行われました。

新年の恒例行事となっているこの東三河5市長1郡町村会長を囲む新春懇談会。今年は、佐原光一豊橋市長、山脇実豊川市長、稲葉正吉蒲郡市長、穂積亮次新城市長、鈴木克幸田原市長、伊藤実豊根村長を迎え、パネルディスカッションが行われました。
今年のメインテーマは、「これからの東三河の姿〜広域連合と次世代に向けた創生〜」で、各自治体での取り組みや展望が語られました。
佐原豊橋市長は、「地域の人が働いて安心して子どもを産み育てることができる、そして子どもが夢と希望を持っていくことができる日本一住みやすい地域を作るベースが、広域連合である」と語りました。
また、穂積新城市長は、「山間部と都市部が共存共栄できる理念を持って広域連合を発足することに大きな意義がある」と述べました。
鈴木克幸田原市長は、「東三河の活性化について、東三河をジビエ料理のメッカにし、観光や雇用の充実を図りたいという点、また東三河の農業振興を図るための農業研究機関を設置したい」という思いが述べられました。
最後には、会場に訪れていた横山設楽町長と尾林東栄町長も意見を述べ東三河の全首長による有意義な意見交換の場となりました

取材場所 ホテルアークリッシュ豊橋

一覧に戻る