HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第6回生涯学習活動推進大会

1/28(水) 10:00〜

豊橋市公会堂で26日、「第6回生涯学習活動推進大会」が開かれました。

この生涯学習活動推進大会は、生涯学習の理解を深めるとともに生涯学習事業の推進を図ることを目的に開催されており、今回で6回目を迎えます。
この日は、市民館の関係者や地域の社会教育活動を担う校区社会教育委員など400人が来場しました。
大会は、3部構成で行われ、まずはじめに地域活動などに貢献した人に感謝状などが贈呈されました。市民館活動推進貢献者表彰では、市民館運営委員長として市民館活動に貢献した山本さんと、市民館活動を通じ地域文化の向上に貢献した20名に感謝状が送られました。また、社会教育活動功労者表彰では、教育委員会感謝状が8名に、また社会教育委員会連絡協議会表彰状が9名に送られました。
続いての2部では、校区や市民館の活動発表が行われました。大清水校区は、校区の年間行事を1つずつスライドで紹介しました。地域の祭りや防災訓練など地域の人たちが協力して行っている活動について発表しました。
続いて、中部地区市民館の発表です。中部地区市民館では、伝統文化を守り継承していくために、「市民大学トラム無形文化遺産「能楽」を学ぶ」を開催しています。その内容や受講者の意見が紹介され、地域の伝統文化を伝えていくことの大切さと市民館の役割を紹介しました。
その後行われた3部では、生涯学習講演会として花男子プロジェクト代表の近藤祐司さんによる講演が行われました。花男子プロジェクトの活動紹介などの話のあとには、実際にブーケを作るパフォーマンスが披露されました。会場にいる人の中から花を送りたい人を募り、ステージ上で言葉とともに相手にプレゼントすると、送られた人は嬉しそうに涙を浮かべていました。
今回の大会で来場者は、生涯学習活動への理解を深め、今後の活動のために有意義な時間となったようです。

取材場所 豊橋市公会堂

一覧に戻る