HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

収穫に感謝する会 五平餅作り

1/30(金) 10:00〜

豊橋市立多米小学校で28日、5年生児童が収穫に感謝する会で五平餅作りを行いました。

この行事は、総合学習の一環として行われている米作り体験とそのお米を使用した五平餅作りを通して収穫に感謝をするものです。
この日は、5年生児童130名と保護者らが参加して行われました。
はじめに、収穫に感謝する会が開かれ、お世話になっている方へ感謝状とお米がプレゼントされました。
続いて、五平餅作りです。まず、保護者が炊き上がったごはんを潰し適量に分けていきました。
そして児童は、男女に分かれて作業を開始しました。男子児童は、薪割りと火起こし作業。指導にあたったのは、岩屋緑地に親しむ会のメンバーで、子供たちに薪の割り方や注意点について話をしました。教えてもらった通りにカマを振り下ろすと薪が二つに割れ、歓声が起こっていました。
一方、女子児童は、お米を串につけていき、形を作りました。形が出来上がると、友達同士で見せ合うなどして楽しそうに作業を進めていました。
薪割りを終えた男子児童は、次に火起こしをしました。火がつくとうちわ片手にどの子も一生懸命、風を送っていました。
そして、いよいよ焼きの工程です。自分で作った五平餅をひとつひとつ並べていきます。徐々に焦げ目が付いてくると、食べるのを待ち遠しい様子で見つめていました。
最後は、タレを塗って完成です。子供たちは、タレを口の周りいっぱいにつけて嬉しそうにほおばっていました。
参加した児童は、自分で作った五平餅を味わいながら、食材や生産者への感謝の気持ちを実感することができたようです。

取材場所 豊橋市立多米小学校

一覧に戻る