HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

平成27年 交通安全推進市民大会

2/2(月) 10:00〜

豊橋市公会堂で1月30日、「平成27年 交通安全 推進市民大会」が開かれました。

 この「交通安全推進市民大会」は、年の初めに交通安全を誓う市民行事として、毎年行われています。
 挨拶に立った佐原光一豊橋市長は、参加者に向けて、日頃の交通安全推進活動の労を労うとともに、具体的な交通事故死亡者数を上げながら、より一層心を引き締めていただくようお願いしました。続く表彰式では、交通安全の啓発や実践活動に尽力してきた個人と団体に、表彰状や感謝状が手渡されました。「誓いの言葉」では、新成人を代表して、伊藤菜奈江さんが壇上に立ち、悲惨な交通事故をなくすために、交通ルールを遵守することなどを力強く宣言しました。また、「多発する交通死亡事故撲滅のための緊急決議」として、5項目が発表され、満場の拍手により採択されました。
 豊橋市は昨年、交通事故死亡者数が、前年より5人多い19人を記録し、県下ワースト1位となりました。西村泰治豊橋警察署長からも、「市民が一丸となって、ワースト1位を返上しましょう」と呼び掛けられました。最後はアトラクションとして、愛知県警察音楽隊が演奏を披露しました。
 参加者たちは、今年の「交通安全市民運動」の内容を確認し、気持ちを新たに交通安全への意識を高めていました。

一覧に戻る