HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

白雪俳句ing大会

2/20(金) 10:00〜

新城小学校で19日(木)、白雪俳句ing大会が開かれました。

新城小学校では、江戸中期に地元の歌人であった太田白雪にちなみ、一年を通して子どもたちに俳句に慣れ親しんでもらおうと俳句づくりの取り組みを行っています。この俳句ing大会は俳句学習の総まとめとなる全校句会で、今回は「冬」や「新年」をテーマとした句を児童から集め、その中から優秀な句が発表されました。
はじめに、各学級で選ばれた代表句を児童自ら壇上に立ち披露しました。句を詠んだあとには、どういう思いで詠んだのか、その時の状況をひとりずつ発表しました。
続いて、教師が選んだ入選句の紹介です。選ばれた句がスクリーンに写しだされました。最後に、新城小学校で俳句を教えている亀甲昌明さんによって特選句の発表と講評がありました。また、季語の話や句がさらに表現豊かになるようにアドバイスもあり、児童はじっくりと聞き入っていました。そして今回、特選句、入選句、学級代表句に選ばれた人の中から代表児童に表彰状が贈られました。
この大会で、他の児童の俳句を聞いたり、表現方法を学んだりすることで、これからの俳句作りに対する思いを新たにしたようです。

取材場所 新城小学校

一覧に戻る