HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

芦原小学校 ミニ掛軸づくり

2/26(木) 10:00〜

芦原小学校 ミニ掛軸づくり

 この「ミニ掛軸作り」は、厚生労働省が創設した若者技能者人材育成支援事業の一環で行われ、ものづくりに関して優れた技能、経験を有する「ものづくりマイスター」によって指導がされました。豊橋市での取り組みは今回が初めてで、この日は卒業記念として6年生児童が掛軸の制作に取り組みました。
 初めに「ものづくりマイスター」が手本を見せると、プロの職人技を目の当たりにした児童からは、驚きの声が聞こえてきました。
その後、児童たちも作業を進め、「中学校での目標」や、「自分の名前」などを一文字で書いた色紙に、ドウサを塗り、金箔を振っていきました。普段は触る機会のない金箔に興味津々な児童たちは、楽しそうに金箔をおとしていき、美しく輝く色紙が出来上がりました。
 続いて、表装作りに入ると、針を使っての細かい作業に、児童はより一層真剣に取り組んでいました。
また児童たちの中には、積極的に「ものづくりマイスター」にチェックしてもらったり、互いに教え合ったりする姿も見られるなど、完成に向けて懸命な姿が見られました。
作品が完成すると、みな誇らしげに掛軸を見せ合い、満足げな表情を浮かべていました。

取材場所 豊橋市立芦原小学校

一覧に戻る