HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第16回ウシダカップ陸上競技大会

3/18(水) 10:00〜

豊橋市陸上競技場で、14日(土)、第16回ウシダカップ陸上競技大会が開催されました。

このウシダカップ陸上競技大会は、陸上競技の楽しさを伝えると共に、明日の陸上競技会をリードするアスリートの誕生を目指す大会として、豊橋陸上競技会TFC豊橋の主催で行われ、今年で16回目の開催となりました。今年の大会は、小学生から社会人まで千人以上が参加し、30種目の競技が行われました。最初に行われた種目はトラック競技で、「小学生男女」の1000メートルと、「中高生一般男女」の1000メートルで、小学生男子の部からスタートしました。この日は、ゲストランナーに早稲田大学・箱根駅伝のメンバーで豊橋市出身の山本修平選手も一緒に走り大会を盛り上げていました。競技の結果は、小学生男子は豊橋陸上クラブの野末健人さんが、女子は、豊川アスリートクラブの大場麻矢さんが、そして、中高生一般・中学女子は、南稜中・2年の相場里咲さんがそれぞれ一位でゴールしました。一方、この日はフィールド競技も行われました。この大会での記録は、非公認ではあるものの、選手たちにとっては、日頃の練習の成果を発揮する絶好の機会とあって、集中力を高めながら競技に挑んでいました。この第16回ウシダカップ陸上競技大会は、この地域の陸上競技の発展と普及のために、今後も継続していくとのことです。
  

取材場所 豊橋市陸上競技場

一覧に戻る