HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第2回物語コーポレーションカップ 兼 2014年度東三河サッカー選手権大会

3/24(火) 10:00〜

豊橋市民球技場で22日、第2回物語コーポレーションカップ 兼 2014年度東三河サッカー選手権大会の決勝が行われました。

 この大会は、30年以上前から続く「東三河サッカー選手権大会」を、地元企業である物語コーポレーションが特別協賛する形で、2年前から新たに始まりました。
 この日は、3月1日から4週に渡って繰り広げられたトーナメントの男子決勝、女子決勝、そしてシニア決勝の3試合が行われました。女子決勝では、「セントラル豊橋FCレディース」対「シロキFCリベルタ」が対戦しました。前半に「セントラル豊橋FCレディース」が2点先取しますが、「シロキFCリベルタ」が必死の反撃で同点に追いつき、後半に更に1点を加えて、見事に逆転勝利を収めました。
 続いて、地元高校4チームを含む16チームが参加した男子大会の決勝、「コニカミノルタSC豊川」対「ラジルFC東三河」の対戦が行われました。選手たちは、スタンド席から送られる家族や仲間からの声援を受け、はつらつとしたプレイを見せていました。前半、「コニカミノルタ」が相手のわずかなスキをついて、続けざまに2点を先取。「ラジルFC東三河」も、後半に1点を返しますが力及ばず、2対1で「コニカミノルタSC豊川」が 見事優勝を飾りました。
 大会はこの後、シニア決勝として、豊橋代表のチーム「セレステ」と豊川代表のチーム「フリースタイル」が対戦し、5対1でチーム「セレステ」が優勝に輝きました。

一覧に戻る