HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

中心市街地活性化セミナー「まちゼミ」とは

4/20(月) 10:00〜

穂の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペースで14日、「中心市街地活性化セミナー 『まちゼミ』とは」が開催されました。

このセミナーは、中心市街地を盛り上げるためのきっかけ作りの場として、豊橋まちなか活性化推進協議会の主催で今回はじめて一般向けのセミナーとして開催されました。この日は、商店街の人や市の職員などおよそ100人が集まりました。
まちゼミとは、中心市街地の商店街の店主が講師となり、プロならではの専門的な知識や情報を受講者に伝える少人数のゼミのことです。そこからお店のファン創りを進めることを目的とした事業です。そのまちゼミを全国に広めたのが、今回の講師でもある松井洋一郎さん。松井さんは、全国の商店街を回って講演などをし、商店街復活のための取り組みをしています。
今回のセミナーでは、大型店やインターネット販売の増加などの原因で商店街が衰退していく現状を紹介し、その中で「人の魅力」や「繋がり」といった商店街にしかない強みを生かしていくことが大切であると紹介しました。来場者は時にメモを取りながら、講師の話をじっくりと聞いていました。
最後には、質問の時間も設けられ、「まちゼミでのリピーターの特徴はありますか?」などの具体的な質問が投げかけられました。

取材場所 穂の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペース

一覧に戻る