HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第26回豊橋市バレーボールフェスティバル

5/7(木) 10:00〜

豊橋市総合体育館で2日、4日、5日の3日間、「第26回豊橋市バレーボールフェスティバル」が行われました。

 このバレーボールフェスティバルは、生涯スポーツの一環として、家族や近所の人たちが一緒になってバレーボールに親しむことができる機会を作ろうと、豊橋市と公益財団法人 豊橋バレーボール協会が主催しました。
 参加者は、下は幼稚園児から上は71才までと幅広く、また性別や年齢で分けられた部門の他に、「ファミリーの部」や「男女混合の部」など、全部で13の部門が設けられているのも特徴です。3日間で255チーム、のべ1,200人以上の人が参加し、バレーボールに汗を流しました。
 スパイクやブロックが決まる度にメンバー同士でハイタッチをして喜んだり、失敗しても「ドンマイ、ドンマイ!」と笑顔で声を掛け合う姿も見られ、参加者は勝ち負けよりも、仲間同士でバレーボールを楽しんでいる様子でした。試合が終わると、両チームともお互いの健闘を称え合い、さわやかな握手を交わしていました。
 今年で26回目を迎えた豊橋市バレーボールフェスティバル。豊橋バレーボール協会は本年度、今回を含めて4回のソフトバレーボール大会を企画しているということです。

一覧に戻る