HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

豊橋市自然史博物館 恐竜の化石にさわろう

5/11(月) 10:00〜

豊橋市自然史博物館で5月9日土曜日、「恐竜の化石にさわろう」が開催されました。

 自然史博物館の学芸員が、毎回違ったテーマで展示物や収蔵品を紹介する「学芸員ミュージアム・トーク」。今年度の第1弾として、この日「恐竜の化石にさわろう」が開催され、大人から子どもまで、およそ30人の来場者が参加しました。
 その名の通り、館内に展示・収蔵されている恐竜の化石に触ることが出来るもので、今回解説を担当した学芸員の吉川博章さんが、ひとつひとつの化石について、丁寧に説明しながら進行しました。
 常設の展示物はもちろん、普段は収蔵されている化石にも触ることができ、参加した子どもたちは目を丸くしながら観察したり、元気よく学芸員に質問するなど、終始大盛り上がりで恐竜について学ぶ事が出来ている様子でした。
 今回参加者が触ることができたのは、エドモントサウルスやアトラサウルスの太もも、スピノサウルスの歯など様々で、中には恐竜のフンの化石もありました。吉川学芸員は、化石の特徴や、その恐竜の生態などについて分かりやすく話し、説明を聞いた参加者は、興味深そうに化石に触れ、その感触を確かめていました。

一覧に戻る