HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

東日本大震災長期派遣職員報告会

5/11(月) 10:00〜

東日本大震災の被災地にでむいた職員による報告会が5月8日 豊橋市役所で行われました。

東日本大震災長期派遣職員の報告会では、3人の職員が被災地の現状や震災時の様子、今後課題について報告しました。
これは、被災後の復興業務から得た経験・教訓を通じて、豊橋市職員の防災力向上を図ろうと行われたもので、平成24年から派遣を行い、今回で4回目となりました。今回の派遣先は、宮城県石巻市と本吉郡南三陸町に昨年4月から今年3月までの1年間。派遣先のいまだ復興が進まない現状など被災地の現状を報告しました。派遣されたのは、宮城県石巻市へ向かった岡田芳久さん。そして、南三陸町に浅岡秀仁さんと白井友理さん。石巻市に派遣された 岡田さんは、「最大の被災都市から世界の復興モデル都市石巻をめざして」をテーマに報告しました。そして南三陸町派遣された、白井さんは、被災地への派遣で感じた事、そして浅岡さんは、「南三陸町の現状と現地での業務を報告しました。会場には、職員や一般傍聴者 およそ150人集まり、災害対策に対する意識を自ら高めようと熱心に聞き入っていました。

取材場所 豊橋市市役所

一覧に戻る