HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

ゴーヤでつなぐ東北支援の「わ!」

5/20(水) 10:00〜

5月14日金曜日 田原市立衣笠小学校でゴーヤでつなぐ東北支援の「わ!」が行われました

この ゴーヤでつなぐ東北支援の「わ!」は、東日本大震災で被害を受けた東北地方を応援しようと始められ 今年で5年目になります。福島県や宮城県に児童が、育てたキャベツやゴーヤなど 野菜を毎年送っています。今年も東北地方を応援しようと田原市立衣笠小学校4年、52人が、ゴーヤの苗を小学校の前にある畑に植えました。こちら畑の中につくられたトンネルは、環境保全活動などを行うNPOエコウィンドネットのみなさんにより制作されました。長さは、80mにもなるようです。この日は、竹でつくる竹ドーム制作も行われ、一本の竹から組み合わせ立体的なドームが完成すると児童は歓声を上げ喜んでいました。そしてゴーヤの苗を2人一組になり、大きな実をつけて欲しいと願いをこめ、一つずつ苗を植えていきました。今後、育ったゴーヤは、7月中旬から9月中旬にかけ収穫されその後 福島県や宮城県に贈られる予定です。毎年送る先の、喜ぶ顔を思い浮かべ、続けている野菜の応援、これからも 互いが笑顔になれるよう続けられるといいですね。

取材場所 原市立衣笠小学校

一覧に戻る