HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

太陽と子どものまつり

5/12(火) 10:00〜

5月10日 日曜日 高師緑地で 第43回太陽と子どものまつりが開催されました。

この太陽と子どものまつりは、子供たちの健やかな成長と幸せを願い、開催されているもので、今年で43回目を向かえました。今年のテーマは、「かけだせ!われら あそび原人」遊びを自分たちで作りあい、遊び心を掘り起こそうという思いが込められています。参加したみなさん自分たちで遊びをさがしながら各所につくられた様々な遊びを楽しんでいました。青空ステージでは、合唱やキッズソーラン、衣装コンテストなど、そして、遊びの広場では、新聞紙遊びや工作、体験コーナーが設けられ、多くの子供たちで、にぎわいを見せていました。今年は、およそ50のブースが設けられました。中には本格的なお抹茶と和菓子を楽しめるコーナーや自分でつくるポン煎餅も人気を集めていました。初めてであった子ども同士 グループを組で遊んだり、子ども同士の自由な遊びから、新たなゲームで遊んだりと、ずっとお友だちだったかのように、なかよくなっていました。この日は晴天にも恵まれ、例年3,000人もの人出でにぎわうという、「太陽と子どものまつり」今年も多くの子供たちが楽しんだおまつりとなりました。

取材場所 高師緑地

一覧に戻る