HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

自転車補助輪卒業教室“バンクにおいDAY”

6/30(火) 10:00〜

豊橋競輪場内の東口駐車場で、27日、自転車の補助輪の卒業教室、「バンクにおいDAY」が開催されました。

豊橋競輪場内の東口駐車場で、27日、自転車の補助輪の卒業教室、「バンクにおいDAY」が開催されました。
この教室は、自転車の補助輪を使って乗っている小さい子どもたちに、補助輪なしで運転できるまでに上達してもらおうとするもので、昨年に続いて2回目の開催となりました。この日は、抽選で選ばれた14組の親子が参加しました。指導するのは、豊橋競輪場をホームバンクとしているプロの競輪選手14人です。
まず、それぞれの自転車の補助輪と両方のペダルをはずして、自分の自転車を持って歩く練習から始まりました。慣れてくると、次に、自転車にまたがって、両足でけっていく練習をしました。子どもたちは、時折ふらつきながらも、何とか少しずつ前に進めていました。
後半は、片方のペダルを取りつけて、足でべダルをこぎだしてから、前に進む練習をしました。そして、最終段階は、両方のペダルを取り付けて、選手たちが後ろから支えながら、自転車をこぎました。
何とか、自分で運転できるようになった子は、豊橋競輪場のバンクに出て回ってみました。3時間という非常に短い時間で、みんなが補助輪なしで自転車に乗られるようになったことで、付き添った保護者たちは、教え上手な競輪選手たちにとても感謝していました。

取材場所 豊橋競輪場(豊橋市東田町)

一覧に戻る