HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

小沢小学校 小島なしの皮むき大会

9/4(金) 10:00〜

豊橋市立小沢小学校で、3日、地元産の小島なしを使った皮むき大会が開かれました

豊橋市立小沢小学校で、3日、地元産の小島なしを使った皮むき大会が開かれました。
この小島なしの皮むき大会は、子どもたちに、刃物の正しい使い方を体験してもらうために平成10年から行われており、今年で18年目を迎えました。
まず、地元小島町特産の小島なしを、担任の先生が一つずつ配ったり、子どもたちが自分がむく梨を順番に選んだりして、開始を待ちました。そして、担任の先生の笛の合図で、制限時間45分の中で、梨の皮が途切れないように工夫してむいていきました。
今年初めて挑戦する1年生達は、ケガをしないよう左手に軍手をはめて、ぎこちない手つきで小島なしを一生懸命むいていました。なかなか皮むきが進んでいかない児童に対しては、先生たちが手を添えたりして、ハラハラしながら見守っていました。
一方、最後の大会となった6年生は、シーンと静まり返った雰囲気の中、自分の最高記録を更新しようと真剣な表情で皮をむいていました。また、学年のチャンピオンを目指す児童たちは、時間をかけながら、細く薄く皮をむいていき、夏休みに練習してきた成果を見せていました。そして、むき終わった子たちは、ジューシーでおいしい小島なしを食べて、うれしそうな表情を浮かべていました。
今年の学校チャンピオンは、6年生の加藤瑠菜(るな)さんが、13m18cmを記録し、歴代記録の11m94cmを大幅に更新しました。今年の各学年のチャンピオンに、一言ずつ感想を聞きました。

取材場所 豊橋市立小沢小学校(豊橋市小島町)

一覧に戻る