HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

オレンジプラザ車座集会 やってみよう!ボランティア

9/1(火) 10:00〜

豊橋市松葉町にあるオレンジプラザで8月29日、「オレンジプラザ車座集会 やってみよう!ボランティア」が開かれました。

 この催しは、ボランティア活動に関わる人やボランティア活動に興味を持つ人を対象に、そのきっかけ作りや備えるべき心構えを分かりやすく学ぶことができるもので、この日は9人が参加しました。
 講師を務めたのは、愛知県社会福祉協議会ボランティアセンター運営委員会委員長を務める鈴木盈宏さんです。鈴木さんはまずはじめに、ボランティアを継続するに当たって大切なキーワード「共感」と「仲間」について語りました。これまで多岐に渡る活動の中でも、特に印象に残ったという東日本大震災の被災地ボランティアについて触れ、試行錯誤を繰り返しながらも、相手の立場になって行動することで、自分自身に返ってくるものは必ずあると力強く語りました。また、「民間でできないことは行政と連携することで信頼感をカバーすることができる」といった具体的なアドバイスもあり、参加者たちは真剣な表情で話しに聞き入っていました。
 固く考えがちなボランティア活動ですが、鈴木さんの経験に裏打ちされた的確なアドバイスを通して、参加者は、ボランティア活動をより身近に感じることができたようです。

一覧に戻る