HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

アーシャー妊娠&マーラの近況報告

9/21(月) 10:00〜

豊橋総合動植物公園「のんほいパーク」は14日、アジアゾウのアーシャーが妊娠したことを発表しました。 また、17日で4才の誕生日を迎えたリハビリ中の子象・マーラも順調に成長しています。

 のんほいパークの人気者・アジアゾウのアーシャーは、6月下旬に行ったエコー検査でお腹の中に胎児がいることが確認でき、マーラに続く第二子を妊娠しました。
 ゾウの妊娠期間は20カ月から22か月で、アーシャーの出産は来年の9月から11月を予定しています。ただし、ちょうどその時期にのんほいパークのリニューアル工事を予定しており、その振動などが出産に影響を与える可能性があるとして、ゾウの繁殖経験が豊富な千葉県の「市原ぞうの国」にアーシャーを移し、出産に備えることが決まりました。
 記者会見ではアーシャーの妊娠のニュースと合わせて、17日で4才を迎えた子象・マーラの近況についても説明がありました。マーラは2013年1月に両前足を骨折し、その後完治したものの、自力で起立ができない状態が続いており、現在は専用プールを使ったリハビリを行っています。一日に食べるエサの量も一年前に比べて二倍近くになり、体重も138キロ増えるなど、順調に成長しているということです。

一覧に戻る