HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

音の祭典

9/23(水) 10:00〜

浜道地区体育館で9月21日音の祭典が行われました

この音の祭典は、豊橋市体育協会が主催するイベントで、地域における特色ある文化活動の発展と文化の街づくりを促進する目的で行われ今年で2回目となりました。今年は「音の祭典」をテーマに開催され、吹奏楽の演奏、キッズダンス、和太鼓演奏が行われました。オープニングでは、高師台中学校吹奏楽部とD・Y・Rスクールのダンスで「君の瞳に恋してる」が披露されました。音とダンスの息の合った素敵なステージを見せてくれました。つづいて「和太鼓サークル あかつき」のステージでは、力強い和太鼓の演奏で来場者の目と耳を引きつけていました。そしてD・Y・Rスーク―ルのダンスステージでは、かわいらしいキッズダンサーが、日頃の練習の成果を見せていました。熱いダンスパフォーマンスに会場内は、熱気に包まれました。この他、本郷中吹奏楽部のステージでは、聞き馴染みのある曲やレッツスイングなどアップテンポの曲が披露され会場からは、自然と手拍子が湧き、楽しいひと時を過ごしていました。最後は、出演者と来場者が一緒に、「花は咲く」を歌いました。多くの来場者で賑わいを見せた「音の祭典」、題名通り、音楽を親しむイベントとなりました。

一覧に戻る