HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

新城高校園芸科「TEAMはなまち」新城市合併市制10周年記念式典彩る

10/6(火) 10:00〜

県立新城高校園芸科の生徒を中心とした「TEAMはなまち」が、自ら生産した花を使って、新城市合併市制10周年記念式典の会場の飾りつけを行いました。

 「TEAMはなまち」は、新城市が進める若者政策の一つ、「若者チャレンジ補助金制度」で事業採択を受けた団体で、新城市を花で盛り上げようと活動しています。
 新城市合併市制10周年記念式典前日のこの日、メンバーたちは授業の実習時間を使って生産した花、およそ900個を、式典会場となる新城文化会館の正面入り口前に持ち込みました。そして、バランスを見ながらポットマムやコスモスなどを丁寧に並べ、花文字で新城市の市章と、ローマ字の『I』にハートマークで「アイ ラブ 新城」を表現しました。
 またアキランサスで作った花看板には、「新城10TH」の文字を描きました。
 なお、「TEAMはなまち」のメンバーは、文化会館内で新城市内全てのこども園の年長園児が描いた、ぬりえ展示の準備も行いました。

一覧に戻る