HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

田原市初の就労継続支援A型事業所「ワークアシスト田原」開所式

10/6(火) 10:00〜

10月1日 田原市初の就労継続支援A型事業所「ワークアシスト田原」の開所式が行われました。

この「ワークアシスト田原」は、福祉事業を行う会社として昨年11月に設立した株式会社イノウエが運営する事業所です。ここでは、障害者への就労提供や就労に必要な知識・技能などの訓練を行います。これは、障害者自立支援法に定められた就労支援事業の一つで、「ワークアシスト田原」は、障害者と雇用契約者を結び事業を行う「A型」事業所が特徴です。現在田原市には、A型事業所はなく、田原市で初の事業所となりました。オープンに伴い、開所式が行われ、山下政良田原市長をはじめ、関係者およそ50人が出席しました。開所式では、山下田原市長が、「一人でも多く就業して頂き、社会参加してもらう事が大事だと思います。」と話しました。開所式終了後には、豊橋障害者就労・生活支援センター長の戸田有香さんによる「障害者の就労と支援機関の役割」と題した講演会が行われ、企業や支援機関の取り組みなどを話しました。出席者は、メモを取るなどセンター長の話に耳を傾けていました。今後は、職員・利用者ともに笑顔で仕事が出来る事業所にしていきたいと意気込みを語っていました。

一覧に戻る