HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

豊橋みどりの協会設立25周年記念イベント

10/7(水) 10:00〜

公益財団法人豊橋みどりの協会が、今年設立25周年を迎え、「とよはし緑の日」の10月4日に、豊橋総合動植物公園で記念式典とイベントを開きました。

公益財団法人豊橋みどりの協会が、今年設立25周年を迎え、「とよはし緑の日」の10月4日に、豊橋総合動植物公園で記念式典とイベントを開きました。
 平成2年4月に設立された「とよはしみどりの協会」は、これまでの25年の間に、市民参加による緑豊かな街づくりを目指して、花交流フェアや植物園の管理など様々な緑化活動を行ってきました。この日、設立25周年を記念して行われた式典では、豊橋みどりの協会の荒木義夫理事長が、25年にわたる協会の活動の歩みを報告すると共に、これまでの緑化活動への協力に対するお礼を言葉を述べました。そして、来賓の祝辞のあと、緑化功労者表彰が行われ、協会の事業の推進や発展に尽力した山本正一(しょういち)さんと梅村東(あずま)さんに表彰状が贈られました。その他、緑化活動に貢献していただいた18の団体や個人に感謝状が贈られました。
このあと、植物園大花壇の入口で、案内看板の除幕式が行われました。この案内看板によって、現在咲いている花の花壇の場所や見ごろが一目でわかるようになりました。
 また、記念イベントして、二川東保育園と天伯保育園の園児とその保護者らが、遊園地の花壇に、いろいろな色のパンジーの花を植えました。また、温室内の熱帯果樹の説明会と熱帯フルーツの試食会が行われ、日頃味わう機会が少ない熱帯フルーツを噛みしめるように味わっていました。この日は、好天に恵まれた日曜日とあって、大勢の家族連れがのんほいパークを訪れ、いろいろなイベントを楽しんでいました。

取材場所 豊橋総合動植物公園(豊橋市大岩町)

一覧に戻る