HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

弥生造形パラダイス

10/13(火) 10:00〜

豊橋市弥生町で、10日と11日の2日間、「弥生造形パラダイス」が開かれました。

この「弥生造形パラダイス」は、地元の弥生町内を元気にしようと活動している「弥生Bチーム」のメンバーが、高齢者の人たちにも、「やよい祭り」に参加してもらいたいと企画したもので、昨年に続き2回目の開催となりました。10日(土)は、やよい祭りの初日で、高師原神社の近くを流れる内張川沿いに地元の60歳以上の人たち、お手製の風鈴が飾られ、祭り会場に涼しげな音色を響かせていました。弥生町自治会と民生委員や祭委員会らの協力で、地元に住む60歳以上の人たちと子供達にも風鈴の絵付けを呼びかけ、今年は300個の風鈴が集まりました。風鈴は陶器製で、動物や花などカラフルな絵があしらわれています。会場に訪れた人たちは、秋風にゆらゆらとなびいている風鈴に足を止めて、じっくりと鑑賞していました。また、高師原神社の境内では、団子やかき氷などの屋台のほか、抽選会やアトラクションも行われており、地元の人たちで賑わっていました。この、弥生造形パラダイスは、地元の人たちの親睦と地域の活性を担う催しとして、これからも続けていくとのことです。

取材場所 高師原神社・内張川沿い/豊橋市弥生町

一覧に戻る