HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

田原市立稲葉保育園体験学習「組子細工で遊ぼう」

10/16(金) 10:00〜

田原市加治町にある稲葉保育園で10月14日水曜日「組子細工で遊ぼう」が行われました。

稲葉保育園では、子供達に地域で活躍する人の技術にふれ合い、体験する授業を行っています。今回は、田原市小中山町にある川口木工所を経営する建具職人の川口博敬さんを講師に迎え、組子細工を使った体験学習が開かれました。川口さんは今年の7月に行われた全国建具展示会において、内閣総理大臣賞を受賞し、組子細工の技術を高く評価されています。この日、体験学習に参加したのは年長園児40人です。園児は、組子細工体験セットと書かれた袋から、切子を取り出して自由に組み立てていきました。この切子は、川口さんが地元の木材を厚さ3ミリに加工したものです。この体験学習のねらいは、設計図や決め事を一切持たず、園児達の自由な発想に任せ、組み立てていくことです。園児達は、自分の指の長さほどの切子をつまみながら熱心に組み立てていきました。広がりのある平面図形を組み立てる園児や、空間に立体的な図形を組み立てる園児など、個性豊かで、自分の作品が出来上がると「見て見てー細長くなったよー」「大きくなったよー」と言いながら、嬉しそうに先生に見せていました。稲葉保育園の「組子細工で遊ぼう」は、園児達の個性と自由な発想を表現する貴重な体験となったようです。

取材場所 田原市立稲葉保育園/田原市加治町

一覧に戻る