HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

新城市立東郷西小学校 稲刈り

10/14(木) 10:00〜

新城市の東郷西小学校の5年生児童35人が13日、稲刈りを行いました。

 東郷西小学校の5年生児童は、食に対する感謝の気持ちや収穫の喜びを体感することを目的に、6月からお米作りに取り組んできました。この日は、半年間お米作りを指導してくれた地域の方の協力の下、いよいよ稲の収穫を行いました。
 児童たちは一人に対して1.8メートル四方の面積が与えられ、そこに植えた苗の成長をこれまで責任を持って見守ってきました。はじめのうちは慣れない姿勢ということもあり、一束の稲を鎌で一気に刈り取ることができず苦戦していましたが、地域の方にコツを教わりながら、2人一組になって要領よく作業を進めていきました。稲刈りの合間に、作業を通して感じたことや稲の成長過程で気付いたことをメモすることも、大切な学習の一環です。そして、およそ1時間で稲刈りの作業は終了しました。
 稲刈りが終わると、続いて稲架(はざ)干しです。刈り取った稲を藁で束ね、竹で作った稲架に干していきました。2週間ほど稲架干しした稲は脱穀、籾摺り、精米と工程は進み、11月末には収穫祭として五平餅を作って試食する予定だということです。

一覧に戻る