HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第22回 丸山薫賞 贈呈式

10/26(月) 10:00〜

優れた現代詩集に贈られる丸山薫賞の贈呈式が10月21日ホテルアソシア豊橋で行われました。

この「丸山薫賞」とは、豊橋市が主催する現代詩の文学賞で、今年で22回目を迎えました。日本近代詩史に多大な貢献をした豊橋市ゆかりの詩人「丸山薫」の業績を永く顕彰するために制定され、毎年優れた現代詩集に贈られています。贈呈式には、佐原豊橋市長をはじめ、市議会議長や丸山薫賞運営委員らなど、およそ100人が出席しました。今年9月4日豊橋市役所で、「丸山薫賞」の選考会が行われ、埼玉県さいたま市在住の細田傳造さんの詩集「水たまり」が選ばれました。細田さんは、1943年生まれで現在 72歳。2008年よみうり文化センター浦和で行われた講座「詩を読んで書く」を受講し、詩作を始めました。そして、2012年には第1詩集「谷間の百合」で中原中也賞も受賞されました。贈呈式で細田さんは、「丸山薫」の詩の言葉に衝撃を受け、夢中になって現代詩を読んだことを振り返りながら受賞の喜びを語りました。贈呈式の最後では、「水たまり」の代表作である「海岸」を細田さんが朗読しました。朗読中、出席者は情景を思い浮かべながら、詩の表現を味わっていました。なお、詩集「水たまりは」は豊橋市中央図書館にて貸し出しを行っています。

一覧に戻る