HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

東陽ふれあい音楽会

10/29(木) 10:00〜

豊橋市東陽地区市民館で、10月28日「東陽ふれあい音楽会」が行われました。

この東陽ふれあい音楽会は、2005(平成17)年から始まり今回で167回目を迎えました。毎回ステージの設営や来場者のお出迎え、司会などボランティアの協力で行われている音楽会です。そしてステージにたつのは、三河地域の音楽家や音楽家を目指す方などが出演し、地域文化の振興と交流を図ろうと毎月2回程度行われています。今回は「大人の音楽授業」のぞいてみよう!作曲家のお仕事をテーマに開催され、豊橋で活躍する作曲家の鈴木直己さん、井川愛さん、喜多見ちよさんの3人が出演しました。この日は、おそよ150人の来場者が訪れピアノ・ヴァイオリン・歌の生演奏を楽しみました。ステージでは、聞き馴染みのある曲やサウンドオブミュージックなどが披露され曲が終わる度、大きな拍手が沸き起こりました。今年度は、4月〜12月までの全15回開催され、毎回楽しみに足を運ぶ方もいるようです。作曲家の鈴木さんは、曲づくりのコツやテレビ番組で使用されるBGMの効果など映像を交え話し曲づくりの魅力を来場者に伝えていました。今年度は12月までにあと3回開催され、次回は来月11月11日水曜日午前10時からソプラノ クラリネット ピアノの三重奏が行われる予定です。

取材場所 豊橋市東陽地区市民館

一覧に戻る