HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

アジアゾウ アーシャー 出産準備のため千葉県へ移送

11/4(水) 10:00〜

妊娠が判明した豊橋総合動植物公園のアジアゾウのアーシャーは10月21日、出産と子育てのために、千葉県の「市原ぞうの国」へ移送されました。

アーシャーは、推定年齢が38歳で、人間でいうと40代後半にあたります。6月下旬に行われたエコー検査で胎児の存在が判明しました。相手は、オスのアジアゾウのダーナです。豊橋総合動植物公園によると、今回無事出産すれば、国内のアジアゾウの高齢出産の記録を塗り替えることになるそうです。アーシャーは4年前にも出産していますが、群れでの生活の経験が無いため、子育ての方法が分からず育児放棄してしまったことから今回は、他のゾウの子育ての様子を見ることが出来る千葉県市原市にある「市原ぞうの国」に移すことになりました。アーシャーは、午前6時30分から、およそ2時間かけて無事、輸送の檻の中に入りました。なお、出産は、来年9月〜11月頃ではないかということです。

取材場所 豊橋総合動植物公園内

一覧に戻る